物質のイオン測定と空気イオン測定の違い、 身体と健康に大事なのはマイナスとプラスのイオンバランス!
惑わすマイナスイオン、トルマリンイオンは小イオン、身体に直接働きかけるのはトルマリンからの「小イオン」
ホーム トルマリン ハーブティ レコードダビングとビデオDVDダビング

APファイバートルマリンシート  空気マイナスイオンカウンター「ITC-201A一週間レンタル」別途グラフデータ化も可
       
<トルマリンシートAPファイバー、使用前使用後、空気マイナスイオングラフデータ>
<イオン数値について「物質の測定法」と「空気イオンの測定」> マイナスイオンの落とし穴
空気イオンは、空気中でプラスまたはマイナスに帯電した微粒子の総称で空気中に存在しており
通常、マイナスイオン「***コ/cc」と表記されている場合は空気中に含まれる「大イオンを」表しています。
イオンは「小イオン」と「大イオン」があります
空気イオンカウンターは、空気中に含まれる「大イオンの数値」を測定するカウンターです

物体や物質から放出するイオンは「小イオン」と呼ばれ、「小イオン」を測定する専用のイオン測定器を
使用しなければ、物質からの純粋なイオンは測定できません。
取り上げているAPファイバーは、APファイバーそのものから発生する純粋な「小イオン数」7〜800/ccは
世界各国共通の測定法による数値です。

マイナスイオンは重さの異なるものが混在して空気中を浮遊しています。
その中に質量の小さな小イオンと、質量の大きな大イオンに大別され、小イオンは生体への効果が高く、
大イオンは効果が低いとされています。
簡易的な測定器では小イオンだけの計測ができないものがありますので表示されているマイナスイオンは
小イオンのみを計測したものかのチェックが必要です。

空気を取り込むようなイオンカウンターでは、「小イオン」だけを取り出し測定するようなことはできません。

一般に物体や物質のマイナスイオン発生量が数千/ccとかの表示がありますが、これは「小イオン測定」と表示が
ない限り、空気中の塵や埃に付着(帯電)したイオン、正確には「大イオン」と呼ばれるマイナスイオンです。

空気中の「大イオン」を取り込むような空気イオンカウンターで物質を測定すると、物質そのものの「小イオン量」
は測定されずに、空気中の塵や埃に取り込まれた「大イオン」のマイナス量として測定され、物質そのものから
発生するイオンの量にはなりません。

●--物質から発生するイオンを計測するには純粋の小イオンだけを取り出す測定器がなければならない--●
 「大イオン」を取り込む空気イオン測定法はマイナスとプラスの「大イオン」の環境を計測する機器です
したがって、周囲の環境や気象条件により数値は反映され、物質や物体のいわゆるイオン測定には向きません

空気イオンカウンターは、APファイバー(トルマリン関連)より発生した小イオンはカウントされませんが、
発生後、微粒子に付着し大イオンとなった空気イオンを計測、室内などの環境状態を数値化します。

以上を前提として記載のグラフ表示があり、
APファイバーを床に敷き詰め常温20度静置状態の使用前使用後のグラフ表示です。
そして次に、APファイバーを同じ条件で室内を温風ストーブで22度cまで上げ測定すると空気イオンは5〜6000/cc
へまで数値は上昇します。(同時にプラスイオンも上昇)

APファイバー(トルマリン関連)は温度と温風対流の刺激(圧力)により小イオン量が増え、室内の空気イオン量に
変化を与えます。温度や湿度、対流のほかにも変化を与える条件としてあらゆる刺激、気圧や水分、摩擦、打撃など
条件次第では空気イオン数値は数万にも及びます。

トルマリンは電気石とも呼ばれ”唯一”特別なメカニズム特性を持ち、表面上は小イオン数値で表記されており
物質の発生量として多くはなく、その為他鉱石と比較され揶揄されている向きもありますが、物理的な応用特性
においては他の鉱石との比較は論外です(応用すると見かけ上の数値の乗数倍で増す)

トルマリンの理論は不変で、条件の応用は強力なパワーにもなりガソリン節約とトルク推進の添加剤が一例です。

イオン数値はいずれの物質も「小イオン」で測定されて意味を持ち、「小イオン測定」以外は、空気イオン測定
としてみるべきでしょう。(APファイバーの小イオン測定機器:US製ファンウエイIONカウンターFW型)


次に人体にマイナスイオンが多ければいいのかというとそれも違います。

身体に良いのはイオンバランスです。
余りにマイナスイオンが多いとプラスイオンと同様に免疫力の低下をもたらすことになります。
  医学博士 堀口昇著 「マイナスイオン生命危機の時代を救う」から抜粋

マイナスイオンは多すぎると生体に悪い影響があるものの良いことはなく、プラスイオンとのバランスが理想
のバランスに近いことが大切です。
20世紀初頭の大気中のイオンはプラスイオン1に対して、マイナスイオン1.2の割合でした。
ところが、現代の大気の状態は、プラス1.2に対して、マイナス1の割合に逆転してしまった。
これは、地球が本来持っている自然回復能力を、爛熟し尽くした近代文明が破壊してしまったからです。
具体的には、排気ガス、工場煤煙、汚染河川、酸性雨、ダイオキシン、農薬、各種食品添加化学物質、
ホルムアルデヒド、有機リン化合物質、紫外線、・・・生活空間のタバコの煙、塵埃、ダニの死骸、・・・
特にこの30年間、急速に普及した各種電化製品、電子機器等から放出される電磁波もプラスイオンの仲間です
   保健学博士 菅原明子著「マイナスイオンの秘密」から抜粋

左図はAPファイバー使用後の寝室における 空気イオンプラスの発生量です 白色の点線は平均値 空気イオンプラスを下図のAPファイバー使用後の マイナスイオングラフに重ね合わせます 平均値で一割ほどプラスイオンの方が低くなってます 前述記載でイオンバランスはプラスイオン1に対して、 マイナスイオン1.2の割合が理想です。 現代の大気や室内ではプラスイオンの方が上回り プラス1.2に対して、マイナス1の割合に逆転、   下図グラフの−イオン平均(黄色線)が800/cc、それに対し+イオン平均(白色線)が720/ccです   <APファイバーを使用すると理想の−1.2:+1の比率には及びませんがそれにやや近い-1.1:+1の比率です> 各種電化製品や電子機器等などが沢山ある部屋、密室のカラオケボックスや車内などのマイナスイオン量は 0〜100/cc、プラスイオンは500/cc、比率は−1:+5 にもなります。 仮に −3000/ccでも+がそれを上回るほどマイナス環境はいいとはいえなくなります。 APファイバーから発生する「小イオン」は+空気イオンを打ち消すのでデータ上の空気イオン量は ほぼ適正量に抑えられ、相対的に空気イオンの−値を上げながら+値を下げイオンバランスを整えます。 トルマリンから発生するイオンは身体に良い純粋の「小イオン」空気中のイオンは塵埃に付着した「大イオン」です。 身体と健康に大事なのはマイナスとプラスのイオンバランスです しかも身体に直接働きかけるのはトルマリンからの「小イオン」です。。 1998年よりトルマリンに携わり経験則を積んでいますが、理解するには時間を要します。 正しい知識でより多くのものを得ることができます そして、トルマリンの小イオンは今見直されつつあります。。 詳しい空気イオンの解説については著書を参考にした個人のページを参照して下さい。 空気イオンカウンター一週間レンタル>別途グラフデータ可  メーカーの詳細ページ  http://www.andes.co.jp/
<通販りゅうぜん営業案内>

ホームハーブティ※参考アロマ価格イオントルマリンゲルマニウム他ビーズ類
AP健康シートAP健康肌着データでみる健康シート旨”りんご無農薬は有機?
DVDダビングイメージビデオ激価中古パソコンレンタルイオン測定器